頑張るけど、頑張りたくはない。

勉強して、記憶して





本を読んでますか?

すっかり活字離れ、漢字も読めても書けない
そんな昨今
株関連の本を読むことが多くなりましたが
資格試験が近い事もあり
こんな本も読んでみました

先ずは記憶力

せっかく頑張って勉強しても
ただこなすだけじゃ効率が悪い
そこで、効率的な記憶法を求め読んだのがこちら

40代半ばから記憶力の大会に挑戦して
結果、世界記憶力グランドマスターなんて
とんでもない称号を獲得した凄い著者
そんな方の記憶の方法
もちろん、全てが自分にも合っているわけじゃないですが
語呂合わせや、物に単語を結びつけるなど
試験勉強以外にも使えそうな方法がありました

語呂合わせは中学位から学校で習いますが
多少強引でも、ふざけながら口にすると
不思議と頭に残ってるんですよね
今でも、幾つかの単語は
学校で喋ってた記憶ごと鮮明に残っています

そして、数ある記憶術の中で1番実感できたのは
覚える単語などを指で書く
コレが意外と覚える単語をしっかり記憶できる
今は、参考書である程度進めたら
その範囲の重要部分を
指で書いて記憶を深めるようにしています

他にも記憶法や効率のいい環境作りなど
幅広く記憶術が書かれています

肝心の勉強法

先ほどの本でも勉強に置き換えて使える事も多いと思います
ですが、より深く効率よく勉強法を学ぶ意味でもこちら

最近では『マンガで』という本が増えていますね
なんか偏見も多そうですが
以前読んだ、投資信託の本も『コミックでわかる』って本でした
実際、漫画でストーリー仕立てになってると
読みやすく、すんなり入ってくるんですよね
何より、女の子が可愛い
この本では、時間の使い方なんかも解説していて
勉強方以外にも、時間帯ごとの利点なんかが学べます
全てを実践しなくても、頭においておくだけでも
思い出したときに、ちょっと試してみたり出来ると思います

そしてこの本
実は以前に発売している本の『マンガで』版なんです

で、漫画版を読み終えた後
こちらも読んでみたのですが
内容については、やはり本家
より深く学ぶならこっちかな?という印象
ただ、先に漫画版を読んだおかげもあって
すんなりと読み込めたのは大きいと思います
なので、先ずは漫画版で分かりやすく勉強して
より深く知りたいと思ったら
こちらも読んでみる、というのがお勧めです

最後は自分自身

結局、自分で事を起こさない事には始まりません
なんでもそうですが、とっかかりが1番難しいですよね
でも、そんな思いをして始める勉強
どうせなら効率よく、早く覚えて楽になりたいものです
その為にも、先人の知恵を借りてみては如何でしょうか?





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク