頑張るけど、頑張りたくはない。

UVレジン作品紹介 #2






前回の作品と一緒にもう一作品作ってました
が、始めに答えから
今回は失敗しています
なぜ失敗したのか?
じゃあ次からどうするのか?
反省会です

先ず、今回の作品イメージは『海に沈む宝石』
私の好きな水中のロマンです
で、今回鉱石の作品を作るのに
面白そうだと買っていた発光パウダーをためしに使ってみました

とりあえずモールドで石作り

凹んだ所は上手くレジンが流れず失敗しました
が、逆にそれを利用しようと企みました
逆にね
今回はこの宝石に発光パウダーを混ぜ込みました

んで、これをプラ容器の真ん中に固定
周りを星の砂で埋めました
最初は宝石を全面露出で考えていましたが
ナイスな機転によって埋まった感じに変更

後はこれをレジンに沈めるだけ
そしてここでまた失敗
一番綺麗な時の写真を撮り忘れました

これを硬化して完成ですぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁッ!!

まぁ単純に熱で溶けたんでしょうかね
なぜ前回は溶けなかったか?
それはレジン液を直接流し込まなかったから
あくまで固体の接着目的で使っていたので
そこまで熱くならずに済んだのでしょう

ですが今回はほぼレジン液で一杯
それを一気にライトに当てたので
プラスチックの耐熱限界を超えたんでしょうね


覗き込むと綺麗
デザインは気に入っていたので残念です
時間かけてゆっくり硬化したらいけるかな?
確実なのはガラス容器でしょうか?
まぁ、これも貴重な経験
この作品は必ず完成させます




関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサーリンク