頑張るけど、頑張りたくはない。

売買単位が100株に統一されます、その影響は?


どうも、おつかれさまです
今回は、10月を目処に変更される「売買単位」についてです




そもそも売買単位とは?

先ず最初に、売買単位とは何ぞや?ですが
これは、株を売り買いする時の最低単位です
これを「単元」と呼びます

この売買単位は各企業ごとにバラバラで
1株、100株、1,000株が一般的で、多くの銘柄は100株ですね

株を買う場合は、この単元の整数倍でしか変更できず
100株が1単元の銘柄を150株、などの買い付けは出来ません

銘柄の購入額は、株価に単元をかけた価格となります
株価500円で1単元100株の銘柄なら
500×100=50000 50,000円が最低購入価格になります

売買の時に、この単元がバラバラで分かり辛いんですよね
最初は本当に戸惑いました

ちなみに、米国株は全て1株から購入可能ですが
これは全企業が単元統一しているとかでなく
そもそも単元株という制度が存在していません

売買単位を統一するとどうなる?

先ず何よりも、売買の時に分かりやすいですよね
なぜこの様な制度が未だにあるのか謎ですし
そもそも制度無くして、1株で買わせてよ
ってのもありますが
とにかく、売買単位が統一される事で
投資家にとっても、利便性が良くなり
市場の活気などにも繋がるでしょう

今まで1,000株が1単元だった企業は
最低購入価格が下がり、新規の購入者も増え
流動性も上がる事が期待できます

誤発注も少なくなるでしょうね
100株だと思っていて1,000株だった時は
ホント焦ります

株式併合が行われる

今回の売買単位の変更にあたって
東京証券取引所では
必要最低投資金額を「5万~50万円」とすることを推奨しています

これに合わせて、各企業では
変更後にこの数値を超えないように
株式併合を行っています

企業ごとに、5:1や2:1など出てると思いますが
今回の株式併合を簡単に説明すると
一つは資産価値を変えないため
それと先の「5万~50万円」の範囲を超えない様にです

例えば、現在の株価が200円で単元株1,000の企業
ここが100株に変更されると
今まで20万円だった購入額が
2万円まで引き下げられる

もちろん、投資家としては
購入しやすくなり、流動性も上がるが
「5万~50万円」の範囲を超えています

この対策として10:1の株式併合を行います
これによって、200円だった株価が2,000円になり
変更前の、20万円をキープ出来るのです
「5万~50万円」の範囲も超えていませんね

他の5:1や2:1など、割合の違う併合も
同じ用に、資産価値のキープや
「5万~50万円」の範囲に収める目的です

投資家への影響は?

では1単元が変わって、何が起きるのか?

先ほども書いたように
一番は、今までの売買単位が1,000株だった企業
これが100株に変更されれば
1単元の最低購入額が下がり
新規購入者が増えたり
市場での流動性の向上などが期待できます

企業側も、新規の中長期保有者が増えれば
株価の安定にも繋がりますしね

それと、気になるのが「現在の保有者は損しないのか?」
答えは損をしません、大丈夫です

変更後も資産価値が変わらないように
株式併合が行われますので
自身の保有資産が変わることは無いです

注意点としては
変更後に、株価が大きく変わる事
これに勘違いをして、売買をしてしまう可能性があります

それと、単元未満株の発生です
併合比率によっては50株などの
市場取引が出来ない保有数になる場合があります

基本的には、企業側で買い取る事が多いようですが
企業IRなどをよく確認して下さい
もちろん、単元未満株が発生した場合も
株主側に損が出ないように対応してくれています

基本的には良い流れ

今回の売買単位の変更
個人的には、良い流れの影響かなと思っています

単元の統一での利便性の向上
最低必要購入額が下がる事での、流動性の高まり

株価は、必ずしも好影響とは限りませんが
今まで高くて手が出せなかった企業も
株価上昇の材料の一つとして考えられます

株価の急激な変化や単元未満株など
中止するべき点もありますが
特に自身保有銘柄については
IRなどで、事前に確認しておく事が大事です

保有者が損をする事はないので
気になっていた銘柄のチェックや
市場の判断材料として活用しましょう




関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク