頑張るけど、頑張りたくはない。

グラスボートに乗ってきました


どうも、おつかれさまです
夏休みも終わり、すっかり秋めいてきましたが
先月、グラスボートに乗ってきましたので
ご紹介したいと思います




今回行ってきたのは、千葉県の館山市
館山海中観光船「サブマリーンたてやま号」に乗ってきました

行ったのは、8月のはじめ頃だったのですが
天気にも恵まれ、非常に海日和でした
晴れ

場所は“渚の駅”たてやま・渚の博物館にある
館山夕日桟橋から出向します
船は気さくなおっちゃん2人が動かしていて
旅客定員は52名、約50分の船旅です
私が行った時は、20人位だったでしょうか?
丁度いい混み具合でした

始めは約15分ほどで沖ノ島にある
お魚スポットに向かいます
その間は船上で海や空を眺めてもいいですし
船底で水中を覗くのも貴重な体験です

移動中の水中は、特に何が見えるわけでもないですが
私はずっと眺めてました
窓

そして、いよいよ観察エリアに到着
場所は沖ノ島の海水浴場のまん前です
普通に海水浴客が近くにいます

実際の観察エリアなど、詳しく見てなかったのですが
まさか、こんな海水浴場の近くとは驚きでした

で、肝心の魚ですが
まず到着すると、船から餌の入った袋を海に入れます
餌

そして、そこに集まってくる魚を見るというわけです
さかな

これは本当に凄い光景で
水族館で見るのとは、また全然違ったものでした
海がとても綺麗なので、船上からでもよく見えます

季節や日によっても、見れる魚や景色が違うので
毎回違った表情なのも魅力ですね

今度は違う時期にも乗ってみたいです

では、最後にアクセス
HPはコチラ
住所は〒294-0036 千葉県館山市館山1564−1
“渚の駅”たてやま・渚の博物館の夕日桟橋営業所です

HPにて、WEB予約をしていて
予約時期に応じて早割が適応されます
前日予約でも多少の割引がありますので
是非とも活用してください

私は予約時間よりも早めに着いたのですが
受付のおじさんが、当日の予約時間の変更にも
丁寧に対応してくれました

ちなみに、営業所の場所ですが
最初ちょっと探しましたが
“渚の駅”たてやま・渚の博物館のすぐ横
ピンクのプレハブです
営業所

“渚の駅”たてやま・渚の博物館も
待ち時間や、グラスボートに乗った後におススメです
食事も出来ますし、お土産や実際魚を見たり触ったり出来ます
お子様にも楽しめる施設になっています

夏以外でも楽しめますので
是非一度、綺麗な水中の景色を楽しんでみて下さい





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサーリンク