頑張るけど、頑張りたくはない。

つみたてNISA、期限を延長へ


どうも、おつかれさまです
今回は「つみたてNISA」です




政府・与党は、少額投資非課税制度(NISA)について
小口の長期投資を促す「つみたてNISA」の2037年末までの非課税期限を延長する方針を固めた

11月22日、日経新聞が報じました

さて、そもそも「つみたてNISA」とはなんぞやと言うと
年40万円までの投資に対して、配当や売却益が非課税となる制度です

そして、この制度の積立可能期間は従来2037年まででした
始めるのが遅いほど、投資可能額が減っていきます
なので、満期まで目一杯積み立てるには
制度開始となった2018年から始める必要が有りました

これが、今回の延長によって
2037年までに開始すれば、従来の満額と同じ
20年で最大800万円の投資が可能となりました

これによって、また一つ
資産運用のハードルが緩和されました
まぁ、何故そもそも期限付きなんだって感じですがね

ちなみに、NISAは「Nippon ISA」の略
NISAのモデルとなった英国のISA制度は非課税期間が恒久化されています
非課税期間を限界まで使うと1億4400万円になります
日本のNISAは800万円です

ですが、日本はまだまだ動き始めたばかりです
今後、政府や我々国民の意識が変わっていく事が大事ですよね

とにかく、今回のニュースは嬉しいお知らせでした




関連記事

コメント

    • 匿名
    • 2019年 12月 01日

    20年の期限も撤廃して無期限になってくれたらなおありがたい…!
    20年も定期的にやってれば大丈夫なんでしょうけど、残り最後の2-3年くらいで株価暴落してたら、ってのを気にしないとですね

      • ingo
      • 2019年 12月 02日

      国としても、国民自ら老後資金を作る事は促したいでしょうし
      今後も何かしら変化は期待できそうですけどね

      投資リスクは切っても切れないですからね
      そのためにも、無理のない範囲で長期的に続ける事が大事ですよね

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク