頑張るけど、頑張りたくはない。

One Tap BUY(ワンタップバイ)第二十回運用報告会


あけましておめでとうございます
正月休みも一瞬で終わり
今日から仕事始めの方も多かったのではないでしょうか?

2020年一発目
第20回目の報告会です




それでは12月の気になったニュースです

先ずは6日
米通商代表部が、偽造品の販売などに関与する
「悪質な市場」リストに
アマゾン・ドット・コムが米国外で展開する
一部ウェブサイトを追加することを検討していると報じました

アマゾンからの声明は
同社のプラットフォーム上では
偽造品を厳格に禁じており
顧客保護に向けて、偽造品の取り締まりに
多額の投資を行っていると強調しています

私は幸い、未だに偽物や粗悪品には出会っていませんが
アマゾンで買物をするときは
やはり、そこを気にしてしまいますね

一応、商品名の頭にメーカー名があるなど
見極めるポイントもありますが
気兼ねなく、商品を探せるのが一番ですからね

悪質業者がいなくなる事は
アマゾンにも、アマゾンユーザーにもメリットです
是非とも、対応強化を進めてもらいたいですね

次に14日
米アマゾンのサイトで
消費期限切れの商品が多数報告されたと
米CNBCに報じられました

アマゾンの広報担当者は
同社サイトで販売される業者の商品は
全て基準を満たす必要がある、とコメントしています

ちなみに、アマゾンの「ベストセラー100」の食品を調べたところ
期限切れに関する苦情が5つ以上ある出店業者が
少なくとも4割はあった、との報告も出ています

苦情の信憑性などもありますが
今後の動き次第で
食品ECが良くなっていくチャンスにもなると思います

と、12月はアマゾンの内部的な部分が気になりました
どちらも、決してアマゾンだけが悪いわけではありませんが
今起きている問題を、着実に解決して
更に安心して気軽に使えるサイトになってほしいですね

 

それでは、今月の買付詳細です
買付

そして、12月の損益です
損益
26日からプラ転してますね
これは、年末商戦で
オンラインの売上高が特に好調だった事が好感して
多くの買い注文が入った事が要因です

この日のアマゾンは4.4%高
この事もあり、ナスダックは初めて9000台に乗せました

現在はまた落ち着いてきましたが
今年はここからどう動くか楽しみですね

2020年も、淡々と買い増すのみです

※ワンタップバイの詳細はコチラ





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク